本文へ移動

研修・教育体制

警備員の教育について

警備員は、警備業法第二十一条により継続的に警備に関する教育を受けなければいけません。その為、教育を受けていない者を業として業務に使用してはならない事とされています。
警備業法により、前期と後期に分けて年に2回警備に関する教育を行う事と定められておりますので、勿論当社でも警備員の教育を徹底し定期的に実施致しておりますが、年2回に限らず基本動作訓練の反復や隊員の技能向上はもちろん、安全意識をさらに高めていく為に不定期に様々な教育の時間を設け、常に進化し続ける警備会社として社員一丸となり日々研鑽を重ね続けております。

室内講習

【警備に関する座学での講習】
現場に出る前に警備員として必要な知識を、指導員が親切丁寧にわかりやすく指導しております。講習時間は1日約7時間の合計4日間(約30時間)の日程で行います。

実技講習

【基本の誘導動作実技講習】
交通誘導警備員は走行中の車から歩行中の方から常に見られる職業です。その為実技講習では、安全に交通誘導を行う為の実技講習は勿論の事、身だしなみや挨拶の徹底なども安全且つスムーズな交通誘導業務の遂行の為に、指導員が親切丁寧に指導を行っております。
大分県公安委員会認定番号第119号
大分県警備業協会会員
株式会社別大警備保障
〒874-0840
大分県別府市鶴見121-2
TEL.0977-67-3105
FAX.0977-67-2450

《業務内容》
施設警備/交通誘導警備
監視警備/その他警備全般

0
0
9
2
1
5
TOPへ戻る